つぶやき

【投資日記】#9 高配当投資始めるなら日本株より米国株?

 こんにちは。nicoです。

 私の投資スタンスは高配当銘柄の長期保有というものなのですが、このスタンスを取るなら最初は米国株から投資すべきだった…と軽く後悔しています。

 まず、日本株に関して高配当銘柄に分散するにはそれなりの資金を投入する必要があります。分散させるには自分でポートフォリオを組んで、単元未満株で投資していくのがベストな方法になると思います。

 しかし、私のような初心者であれば知識などがないと思うので投資信託やETFに投資していくのが最も楽で効率が良いと思います。

 ですが、日本株の高配当ETFは信託報酬が高め(0.3%)でありながら、景気敏感株が多く含まれている(証券会社・石油業・建設業など)ので減配する可能性を大きくはらんでいるということです。

 たかが0.3%と思うかもしれませんが、10年保有すると考えると信託報酬と個別株一年の配当利回りとほぼ同等となってしまいます。そのため、長期保有に向きません。

 対して、米国ETFの信託報酬は0.1%以下のものが多く、配当利回りも4%以上とパフォーマンスの高いです。景気敏感株に多く投資しているものもあれば、信頼の高い債権に投資しているものまで幅広い上に、世界トップの証券会社が運用していて信頼度も高めです。

 デメリットといえば、配当金をドルから円にするときに為替レートを考える必要があること、二重課税がかかってしまうことだと思います。

 しかし、これらのデメリットを考えても投資するメリットが大きいのでこれから投資を始める方には米国ETFから始めることをおすすめします。

 そこから日本の高配当株を個別に保有するというのが、今私が考えるベストな投資法です。

 私は日本の個別株に最初から投資してしまって、米国ETFの投資を最近はじめたのでこれからしばらくは米国ETFをコツコツ積立ていきたいと思います!

 それではまた!